• きましたね目元の保水に関して

    眼元は皮膚がガーゼほどの薄さしかないので、少しの刺激によってしわといったものが起きやすい部分といえます。その為、しっかりとしたお手入れが必須な箇所であり、肌ケアすることで乾燥小じわやクマ、目元のたるみなどを改善ことが可能です。

    お手入れをするときには、症状に合ったケアを継続する事が肝心です。目元専用美容液も悩みに適した物が店先で非常に多く売られているため、肌のコンディションに合ったものを選んで使ってみる事が肌トラブル解消に効果があると感じます。

    目元の乾燥が気になるといった場合には、セラミドや保水力のあるヒアルロン酸、コラーゲンなどのエモリエント成分が含まれているものを使うことがお薦めになります。保湿成分は保水力がとても高いため、室内外の温度差などが原因の乾燥にあらわれる目もとのちりめんジワにとても効果的です。

    顔のくすみが困らせられる原因という場合だと、シミ予防に効果であるビタミンC誘導体がお勧めです。ビタミンCderivativeはコラーゲンの生成を活発にする働きがあるものですから、日焼けや炎症が原因で体内で生成されたmelaninによって起こったシミやしわに効き目があり、しわをきちんと薄くしたいいきたいときにはRetinalという成分がお勧めだといわれてます。少ない刺激で安定しているRetinolはビタミンAの総称です。ビタミンA健康な肌作りに必要不可欠な要素で傷んだ肌や細胞を再生させてCollagenやエラスチン、ヒアルロナンを生成します。

    そこで使用前に注意したいのが、ビタミンC誘導体やRetinolといった成分はお肌が敏感になっている方が使用された場合肌負担が出ることもあるようです。そのため、肌のトラブルにならないように使用する前に出来るだけ皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストを行って肌の状態を見ながら使いはじめることがおすすめです。また、目元の御手入れを行う場合はメイク落としなどにも気を配る必要が肝心です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。