• とうとうです、目元の保水ってどうでしょう

    目の周りは肌がハンカチほどの薄さしかないですので、刺激でくすみといったものが起こりやすい部分といえます。そのため、毎日のしっかりとした眼元ケアが大切になる所ともいえ、お手入れすることにより乾燥しわや黒くま、弛みといったトラブルを改善していくことが可能になります。

    お手入れする場合には、肌のコンディションに適した肌対策をしていくことが必須です。目もと専用美容液もお肌の悩みにマッチしたものが多く売られているため、肌のコンディションにあわせた商品をチョイスする事が肌の悩みの改善によいとされてます。

    目もとの乾燥が気になるなんてケースだと、保湿成分を含んだセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、コラーゲンなどのエモリエント成分が配合されたものを使うことがオススメです。保湿成分は水分保持力がとても優秀なため、紫外線などが原因の乾燥にできてしまう眼元の縮緬皺に有効です。

    顔のくすみが気になるときだと、美白成分のあるvitaminC誘導体がおすすめです。ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を活発にする働きがあるもので、日に焼けた時もしくは肌へのダメージなどで体内で生成されたメラノサイトによって起こったくすみやしわに効き目があり、しわをきちんと薄くしたいというときにはRetinal入りの目もと用美容液が効果的だと考えられています。低刺激で安定してしみ対策の化粧品に配合されているレチニールエステルはvitaminAの総称です。ビタミンA健康な肌作りに大切な栄養素で傷んでしまった肌細胞をリカバリさせCollagenやElastin、hyaluronic acidを生成します。

    そこで使う時に注意しなくてはならないのが、ビタミンCderivativeやレチノイン酸といった成分は膚の敏感な方が使った場合肌への刺激が強いこともあります。ですから、肌のトラブルにならないように使用する前には必ず二の腕などにそれらを塗りパッチテストを行って肌の様子を見て使いはじめることがお薦めとなります。そして、眼元のお手入を行う場合はクレンジング剤etcにも注意することが重要です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。