• なんと!目の周りの皮膚の乾燥について

    目のまわりは皮ふがとても薄いですから、些細な刺激によってしわの発生しやすい箇所であります。そのためにも、毎日のしっかりとした目もとケアが重要な箇所であるとも言え、それらの対策をしていくことで乾燥しわや黒クマ、目元のたるみといったトラブルを減らしていくしていくことができます。

    お手入をする時には、クマの種類に合わせた目元ケアを継続することが重要です。目もと専用美容液も肌のコンディションに合ったもの等が店先で多く販売されているので、悩みや症状にあわせた化粧品を選んで使ってみるしてくことが肌の悩みの改善に効果があると考えます。

    乾燥が気になるという際では、保湿効果の高いセラミドや乾燥対策に有効なヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲン等のうるおい成分が配合されたものがお薦めとなります。セラミドは肌に水分を閉じ込める力が非常に優秀なため、肌のケア不足などが原因の乾燥にできてしまう目元のちりめんじわに効果ばつぐんです。

    目の周りのくすみが悩みといったときだと、美白効果のあるビタミンCderivativeがおすすめです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの生成を活発にさせるものなので、日に焼けた時もしくは皮膚の炎症などで生成された活性酸素によって出来た色素沈着や縮緬ジワに有効で、目もとのしわをキチンと治したいいきたいときにはレチナールという成分がおすすめだとされています。肌への刺激が少なく安定してしみ対策の化粧品に配合されているRetinolと呼ばれているものはビタミンAのことを言います。ビタミンAは皮ふに非常に大切な成分で傷んだ肌や細胞を治してCollagenやエラスチン、hyaluronic acidを体内で生成ます。

    ただし使う時に注意しなくてはならないのが、ビタミンCderivativeやレチナールといった成分は皮ふの過敏な方が使った場合肌負担が表れることもあります。なので、安全に使う前に一度皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをして肌の状態を見ながら使いはじめることがお薦めです。また、目元の美容をする際にはクレンジング剤etcにも気をつける必要が大切です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。