• まさかの目元の保水のこと

    目もとは外皮がハンカチほどの薄さしかないため、些細な刺激によってしわといったものが起こりやすいところといえます。その為、日頃からしっかりとした目元ケアが必要不可欠な箇所であるとも言え、お手入れすることにより縮緬皺や青くま、目の下の弛みといった肌トラブルを解決していくしていくことが可能になります。

    お手入れをする場合には、クマの種類に見合った対策を続けることが必須です。保湿化粧品も肌のコンディションに合わせた物が多く売られているので、悩みや症状に合った化粧品を選ぶことが肌トラブルの改善にイイとされてます。

    目もとの乾燥が悩みといったときには、保湿効果の高いセラミドまたは乾燥対策に有効なヒアルロン酸、肌の美しさを整えるコラーゲン等のエモリエント成分が含まれているものを使うことがオススメになります。コラーゲンは肌に水分を蓄える力がとても高いため、乾燥に出来た目の周りの縮緬皺に効果抜群です。

    目の周りのくすみが悩みのタネだという場合には、シミ対策に効果があるvitaminCderivativeがお勧めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの生成を活発化させるものなので、日に焼けた時もしくは炎症などで体内で生成された活性酸素によって起こるくすみやしわによく、目もとのしわを徹底的に解消していきたいという時にはレチナールという成分がおすすめだと考えられています。肌への負担が少なく安定して化粧品に使用されているパルミチン酸レチノールと呼ばれている化合物はヴィタミンAのことを言います。皮膚にもとても重要な物質で傷ついた肌の粘膜や細胞を回復させてCollagenやエラスチン、hyaluronanを体の中で作りだします。

    しかし使用される前に注意したいのが、vitaminC誘導体やレチノールは皮ふの過敏な方には肌負担が強い場合も考えられます。そのため、肌トラブルにならないように使用前には一度手の平などにそれらを塗りパッチテストをやってから使用されることが大切です。また、眼元の御手入れを行う時にはクレンジングゲルetcにも気をつける必要が重要です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。