• 保湿化粧品のチョイスの仕方の事をココで再確認しておきましょう!是非ともご覧下さいね

    目の周りは膚が薄いですので、ちょっとの刺激によってくま等が出やすい場所なんです。そのためにも、しっかりとしたケアが大事になる所であり、ケアを継続することによりしわや黒くま、弛みなどを減らしていくしていくことが可能になります。

    お手入をする場合には、状態にあわせた対策を継続していくことが必要です。美白美容液も悩みに適した物がお店で広く販売されているため、肌のコンディションに沿った種類を使用してみるしてくことが肌の悩みの改善に有効だと感じます。

    目元の乾燥が悩みという際だと、潤い成分を含んだセラミドまたは保水力のあるヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲン等の潤い成分が配合されたものを使用することがお薦めになります。セラミドは肌に水分を蓄える力が高いので、肌のケア不足などが原因の乾燥に出来てしまった眼の周りの縮緬ジワに効果的です。

    顔のくすみが悩みとなるときですと、白肌をキープする効果であるvitaminC誘導体がおススメです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進させるため、日に焼けた際や炎症などで体内で合成されたメラノサイトによって起こるくすみや縮緬ジワに有効で、目元の皺をしっかり治したいいきたいときにはレチノイン酸が配合された化粧品がおすすめだとされています。肌への刺激が少なく安定して化粧品に使用されているRetinolと呼ばれているものはビタミンAの総称です。ビタミンAは皮ふにとても重要な物質で傷ついた肌や細胞を修復してcollagenやElastin、hyaluronanを体内で作り出します。

    しかし使う時に注意しなくてはならないのが、ビタミンCderivativeやレチナールは皮ふが過敏な人が使用した場合刺激が強いこともあります。ですから、肌のトラブルにならないように使うためになるべく手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の状態を見ながら使用していくことがお薦めとなります。また、目元のお手入をする際にはオイルクレンジング剤etcにも注意する必要があります。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。