• 改めて目元の乾燥とのことだけどどうなんでしょう

    眼の周りは皮膜がハンカチほどの薄さしかないですので、ちょっとの刺激で乾燥などがおきやすい部分といえます。そのためにも、毎日の入念なケアが大切になるポイントともいえ、目元ケアをしていくことによってちりめんじわや青クマ、目もとのたるみといったトラブルを解決していく事が出来ます。

    お手入をするときには、状態に合った肌ケアを継続する事が必要です。美容ゲルもお肌の状態に適した種類がお店で多く販売されているので、症状に沿ったものを購入ことが有効と考えます。

    乾燥が悩みの原因という場合には、潤い成分を含んだセラミドもしくは乾燥対策に有効なヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲン等のうるおい成分が含まれたものがお薦めになります。セラミドは肌のバリア機能がとても高いため、乾燥に出来た眼元の縮緬皺に効果ばつぐんです。

    顔のくすみが困らせられる原因という場合だと、美白対策に効果であるvitaminCderivativeが効果的です。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を活発化する働きがあるので、紫外線または肌へのダメージが原因で体内で合成された活性酸素によって起こるしみやしわに効き目があり、目もとの皺をしっかり薄くしたいという場合にはレチナールという成分がオススメだとされています。肌への刺激が少なく安定して化粧品に配合しているRetinalと呼ばれている成分はヴィタミンAのことを言います。ビタミンAは肌に大切なビタミンで傷んだ肌や細胞を治してcollagenやElastin、hyaluronic acidを生成します。

    そこで注意しなくちゃいけないのが、vitaminC誘導体やレチニールエステルは皮膚が敏感な方が使った場合肌負担が表れる場合も考えられます。ですから、安全に使う前には必ず手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の状態を見ながら使用されることがおすすめとなります。また、目もとの御手入れを行うにはクレンジングゲルなどにも気をつけることが重要です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。