• 目もと専用美容液のチョイスをこのへんで把握しませんか?ぜひご覧下さい

    眼のまわりは外皮がガーゼほどの薄さしかないので、僅かな刺激によって肌トラブルなんかが起こりやすいところなんです。その為、毎日のしっかりとした目もとケアが必須な場所ともいえ、目元ケアを継続することによって皺や茶くま、目もとのたるみといったトラブルを軽減するしていくことができます。

    お手入をするときには、悩みに合った肌ケアをしていくことが肝心です。美容液も症状に適した種類が店頭で販売されているので、悩みや症状に合わせた種類を使用してみるしてくことが肌トラブル解決に有効だと感じます。

    目もとの乾燥が気になるといった場合には、セラミドもしくはヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲンなどのエモリエント成分が配合されているものを使用することがお薦めです。セラミドは保水力が高いため、乾燥にあらわれる目元のちりめん皺に非常に効果的です。

    肌のくすみが気になるときですと、白肌をキープする効果があるvitaminC誘導体がおすすめです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの合成を活性化させるものですから、日に焼けた際や皮膚の炎症などで体内で生成したメラニンによって起こるシミやしわによく、目もとの皺を本当にケアしていきたいという場合にはレチナール入りの美容エッセンスが有効だと言われています。低刺激で安定して化粧品に使用しているRetinolと呼ばれている成分はvitaminAの総称となります。ビタミンAは皮ふに必要不可欠な栄養素で傷んでしまった肌細胞をリカバリさせcollagenやエラスチン、ヒアルロナンを作り出します。

    ただし使用する前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやレチナールというのは皮膚が丈夫じゃない人が使用された場合肌への刺激が表れる可能性も考えられます。そのため、肌のトラブルをさけるように使う前に必ず手の平などにそれらを塗りパッチテストをして肌の状態を見ながら使うことがおススメです。また、目もとのお手入を行う時にはオイルクレンジングetcにも気を遣うことがあります。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。