• 話題沸騰!目元の乾燥に関して

    眼の周りは外皮がガーゼほどの薄さしかないですから、刺激で肌トラブル等が発生しやすい箇所です。そのため、毎日の入念なお手入れが大事なところであるとも言え、ケアすることで乾燥しわや黒くま、弛みなどを減らしていくことが可能です。

    お手入をする際には、状態にあわせた眼元ケアをしていくことが必須です。目元専用美容液もお肌の悩みに合った物がお店で販売されているので、肌のコンディションに合った化粧品を使用してみるしてくことが効果があると感じます。

    目もとの乾燥が悩みなんて際では、保湿成分を含んだセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、コラーゲン等のうるおい成分が配合されているものを使うことがお奨めのケアとなります。ヒアルロン酸は肌のバリア機能が非常に優秀なため、肌のケア不足などが原因の乾燥にあらわれる目元の縮緬ジワにとても効果的です。

    目の周りのくすみが気になる場合だと、白肌をキープする効果であるビタミンCderivativeがおすすめです。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進させるもので、日に焼けた時または炎症などで体内で生成されたメラノサイトによって起こるシミや皺に有効で、目もとのしわをしっかりケアしていきたいという場合にはRetinal入りの目もと用美容液が有効だと言われています。少ない刺激で安定して化粧品に使用されているレチノールはビタミンAの総称となります。ビタミンAは肌に重要な成分で傷ついた肌や細胞をリカバリさせCollagenやElastin、ヒアルロナンを造り出します。

    ただし使う時に注意したいのが、ビタミンCderivativeやレチナールというのは皮ふがあまり丈夫じゃない人が使用された場合肌への刺激が出ることも考えられます。ですので、安全に使うために一度手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストを行って肌の様子を見て使用することが大切です。そして、眼元の美容を行うにはメイク落とし等にも気をつける必要が肝心です。

    カテゴリー: スキンケア

    コメント欄は現在閉じています。